Box開発者プラットフォーム

{{ search.query }}」の検索結果

「{{search.query}}」に一致する項目は見つかりませんでした。
すべての結果の表示

オブジェクトモデル

Box のプラットフォームサービスの機能を完全に活用するには、様々な Box オブジェクトを組み合わせる方法を理解することが重要です。 以下には、主なエンティティとそれらの関係、およびそれぞれの詳細な説明、詳細な情報へのリンクがあります。

管理者

管理者は、ユーザーとグループを管理し、組織のファイルのすべてのファイルとフォルダを表示および編集し、組織内の任意のユーザのアカウントにログインし、組織の設定を編集し、レポートの実行またはアクセスを行うことができます。

ブックマーク(ウェブリンク)

共有リンクを Box コンテンツにブックマークとして保存できます。これを利用して、サブフォルダの層をフィルタリングすることなく、アクセスが多いファイルやフォルダを探すことができます。 その他のファイル タイプ(Google Docs、HTML)やその他の任意のウェブ URL にもリンクできます。

コラボレーション

コラボレーションは、Box におけるアクセス制御リストに相当します。 ユーザーやグループのフォルダへの権限を設定し適用することができます。 現在利用できるコラボレーションのロールは、編集者、閲覧者、プレビュー権保有者、アップロード権保有者、プレビュー/アップロード権保有者、閲覧者/アップロード権保有者、共同所有者、または所有者です。 コラボレーションのロールの詳細については、こちらをご覧ください。

コレクション

コレクションには、ファイルやフォルダなど、コレクション内の項目に関する情報が含まれています。 使用可能なコレクションは現在、「お気に入り」コレクションのみです。 コレクションのコンテンツは、フォルダのコンテンツと同じ方法で知ることができます。

コメント

コメントは、Box ユーザーが生成するメッセージです。 各メッセージは特定のファイルに結びついています。 独立したコメントを作成することも、他のコメントに対する応答として作成することもできます。

エンタープライズ

Box を使用して組織を表すオブジェクト。

イベント

Box には 2 種類のタイプのイベントがあります。ユーザーイベント管理イベントです。

ユーザーイベントは、ユーザーの Box アカウントに関連するすべてのイベントをまとめた、低遅延で信頼性の高いリストを提供することに重きを置いています。 イベントは、stream_position と呼ばれる時系列のリストに登録されます。

管理イベントは、エンタープライズアカウントの完全な履歴の配信に重点を置いており、Splunk、GoodData やその他の分析統合のロードに役立ちます。 管理イベントは、管理ログで利用できるイベントをミラーリングして、イベントタイプによるフィルタリングをサポートします。

ファイル

ファイルには、ファイルを作成した人物、最終変更日時、その他の情報の属性があります。 ファイル自体の実際の内容には、/files/{id}/content エンドポイントによりアクセスできます。

フォルダ

フォルダには、ファイルや他のフォルダ、フォルダ内の項目に関する情報が含まれています。 また、フォルダの所有者と最終変更日時など、関連付けられているメタデータセットもあります。

グループ

グループは、定義されているユーザーセットです。 グループを使用することで、管理者と、グループ権限を持つユーザーは、複数のユーザーをフォルダに追加したり、アクセス権限をすばやく簡単に割り当てたりできます。

項目

これは、ファイル、フォルダ、およびコレクションオブジェクトに対する親オブジェクトです。 すべての項目オブジェクトにはメタデータとバージョンがあります。

メタデータとメタデータテンプレート

メタデータを使用すると、ユーザーおよびアプリケーションはファイルまたはフォルダに関連付けられるカスタムの構造化されたデータを定義および保存できます。 すべてのメタデータは、キー:値のペアで構成されます。

ファイルに属するメタデータは、テンプレートごとにグループ化されます。 メタデータテンプレートを使用すると、メタデータサービスはキー:値ペアの事前定義や特定のフィールドに対するスキーマの強制など、様々なサービスを提供できます。

サービスアカウント

サービスアカウントは、Box Enterprise 内のアプリケーションを表します。 サービスアカウントを使用すると、ユーザーとして認証する代わりにアプリケーションを Box に対して認証することができます。

タスク

タスクは、Box におけるファイル中心のワークフローを可能にします。 ユーザーはファイルに対するタスクを作成し、そのファイルに対するコラボレータに割り当てることができます。

ユーザー

ユーザーには 3 つのタイプがあります。 管理対象ユーザー、外部ユーザー、App Users(アプリユーザー)です。

  • 管理対象ユーザーは、エンタープライズ内の管理者によって作成される Box ユーザーで、ウェブおよびモバイルアプリから Box にアクセスします。 さらに、管理対象ユーザーは、Box のパートナー統合を使用できます。
  • 外部ユーザーは、コラボレーションの招待によって、管理対象ユーザーの Box アカウント内のコンテンツでのコラボレーションに招待された Box ユーザーです。 このユーザーは Box アカウントを持ちますが、この Box アカウントは管理対象ユーザーの Box アカウントとは異なるエンタープライズに属します。 管理コンソールに表示される外部ユーザーは、あなたのエンタープライズに属しているわけではありません。
  • App User は、Box Platform アプリケーションに所属する Box アカウントで、ボックスのエンドユーザーではありません。 通常の Box アカウントとは異なり、これらのアカウントには、関連付けられているログインはなく、Box API を通じてのみアクセスできます。

質問
質問がある場合は、開発者フォーラムにアクセスしてください。

オブジェクトモデル